こだわり

包子へのこだわり

本場、中国や台湾で食べたおいしい包子と同じ風味が出せるよう、小麦粉、餡などすべての材料にこだわっています。

また、機械では出せないおいしさを生みだす為、すべて手作りしています。

お客様に「ここでしか食べられない味」と喜んでいただけるような包子作りを目指しています。

餡へのこだわり

肉包用の餡は、豚の骨や野菜などから作るコラーゲンたっぷりの手作りスープを混ぜ込むことにより、食べた時に肉汁があふれ出すジューシーさを味わえるよう工夫しています。

また、味を染み込ませるために、一晩寝かせた肉を使用し、ネギは新鮮なものを焼く直前に入れています。

菜包用の餡は、キャベツの甘みを残しつつスパイシーな味わいも感じられるように、複数の調味料をバランスよく配合しています。

また、キャベツの食感を大切にするため、すべて手作業で切っています。

皮へのこだわり

皮はその日の分を毎日お店でこねています。

小麦粉は台湾の焼き包子(生煎包)の食感が出せるように厳選した、最高級のものを一宮の製粉会社から取り寄せています。

生地は焼く前に一度発酵させています。これが、小籠包にはない、もちもちとした食感を生みだします。

蒸したものとは違い、台湾で発注した厚底の鉄板で焼いているので、カリッとした食感も同時にお楽しみいただけます。

  • facebook
  • twitter