ブログ

ブログ 詳細

生煎包、水煎包、焼き小籠包、焼き包子、何が違うの?


店主です。

 

題名に書いた名前ですが、

結論、すべて同じ商品ということになります。

同じもので、いくつも似た名前があると混乱しますよね。

 

当店の商品は、焼き包子(パオズ)です。

焼き包子の中身が、肉と野菜の2種類あって、

肉包(ロウパオ)と菜包(ツァイパオ)と言って区別しています。

 

焼き包子、

中国語では、「生煎包(ションチェンパオ)」。

中国語(台湾)では、「生煎包」と「水煎包(シュイチェンパオ)」。

日本には、当時、類似の商品があまりなく浸透していない新ジャンルの食べ物のため、

中国語そのままで、生煎包といっている店が多いです。

しかし、テレビなどでは「焼き小籠包」というところがあり

小籠包を焼いてあるというイメージが分かりやすくて、

その名前を使っている店もあります。

(当店も、看板には「焼き小籠包」と書いてあります(笑))

 

わたしの修行した本家の店は、

台湾の台北、士林夜市にある「大上海生煎包」です。

日本に店を出すときに、店名ですごく迷いました。

台湾の味なのに、大上海・・・

生煎包(ションチェンパオ)は日本人にはイメージつきにくいし、

読みにくい。

最近、生煎包でセンチンポーと読ませる店もあるようですが、

中国語スピーカーのわたしにとっては、抵抗あるし・・・

 

そこで考えだした言葉が、「焼き包子(パオズ)」です。

包子(パオズ)は、読みやすいですよね。

中国語で包子は中華まんの総称です。

中華まんの中に、肉まんやあんまん、チャーシューまん、

野菜まんやカレーまん、ピザまんなどいろいろありますよね。

(カレーまん、ピザまんは、中国にあるのかな・・・)

その中華まんを焼いたものが、生煎包になるのですが、

日本語と混ぜて新しい言葉を生み出してしまえ、

えいやあ!で、

「焼き包子」としてしまいました。

店名にも使いました。

 

焼き包子という言葉、

何を隠そう、わたしが考えたのです。

そして、自分の店を通じて、ほんのちょっとの範囲ですが、

浸透しています。

お客さんから、

「焼きパオズ、うまいよ」っていう声を聞くと、

我が子が褒められたかのような感覚になります。

 

お客様から、

「焼き小籠包となにが違うの?」と聞かれたら、

「同じですよ」と答えます。

 

「生煎包じゃないの?」と聞かれたら、

「そうですよ」と答えます。

 

「小籠包なんですよね?」と聞かれたら、

「違いますよ、焼き包子です」と答えます。

そのときお客様、よく分からないなという顔をされますが・・・

ごめんなさい。

食べてみれば、分かりますので・・・。

というか、食べなければ、分かりませんよね。

 

食べていただいて、

これが「焼き包子」なのかと知っていただく。

美味しいと言っていただく。

もう一度、食べていただく。

友達を連れて来て、これうまいよと言っていただく。

 

ほんのちょっとずつ繰り返されるお客様の支援が、

自分の大きなモチベーションになっています。

ありがとうございます。

毎日感謝です。

 

 

 

 

台湾の焼き包子 包包亭(パオパオテイ)

住所    〒460-0011
       愛知県名古屋市中区大須三丁目20番14号
       
アクセス  上前津駅8番出口から徒歩3分
TEL     052-242-3803
営業時間  平日 11:30~20:00
土日祝   11:00~20:00 ※売切れ次第終了
お休み   毎週水曜日

当店facebookページはこちら  http://on.fb.me/1AS1Pms
  • facebook
  • twitter