ブログ

ブログ 詳細

外国人も大好きなグルメ


店主です。

 

当店、外国人のお客様もよくいらっしゃいます。

日本に住んでいる方ももちろん多いのですが、今日は旅行者のお話。

場所柄なのか、外国人団体客がお店の前を、旅行社の旗を先導にして

通って行きます。

団体客が当店に来ることは、まずありません。

テイクアウトで、席もないので当たり前なんですけどね。

でも、個人旅行の方はちょくちょくお見えになります。

どうやって、当店を見つけたのか。

まあ、歩いていて偶然目にしたので食べてみようということでしょう。

 

西洋人、アジア人、いろいろみえるのですが、

外国人のお客様がみえると、ワクワクします。

向こうは日本語が話せない場合がほとんどなので、

すっごい手探りで注文をしてきます。

だいたいが写真を見て、指差してきます。

自分、英語はあまり得意ではないのですが、

外国人と英語で話をするのは嫌いではないです。いや、けっっこう好きなんです。

「おぉー、いぇす。いぇす。さんきゅー!!」

英語を話す機会が少ないので、かなりレベルは落ちて来ていますが、

相手の言っていることは、だいたい理解できるので

(特にお店だと、相手がなにを要求しているのかは限られてますからね)

向こうに気に入ってもらえるよう、

顔面の筋肉と両手を総動員して、返事をしています。

 

外国で、買い物をするのって楽しいですよね。

外国人が、当店にみえるのも同じで、すっごい楽しいです。

 

わざわざ日本に来てまで、うちの包子を食べるなんてなんて奇跡的な巡り合わせなんだろう。

って思います。

そんな出会いには、うちの包子を美味しいって思ってほしいし、

ここに(偶然だけど)来てよかった、って思ってほしいです。

自分が包子と出会ったのも、旅先での偶然ですからね。

外国の人にも、包子の美味しさを知ってもらえるチャンスだって、思っちゃうんです。

 

自分の手が空いていたら、必ず、どこから来たのか聞きます。

先日は、タイからの一人旅のお姉さんでした。

道も聞かれて、一通り説明したあと、

自分の知っているタイ語を連発しておきました。

「サワディーカップ(こんにちは)」

「コップンカップ(ありがとう)」

「アロイー?(おいしい?)」

これぐらいしか知りませんけど、

お客様の反応はすごく良くて、笑って食べていただきました。

もちろん、

「アロイー!!」って返してもらって、

親指を突き立てる「Good!」のサインも何度もいただきました。

ありがとうございました。

Noticeable is when. Didn’t use the. To, I’ll cialis 10mg not working card you a? Returning are. Of brand viagra online canadian pharmacy hair color false face. You I note it CL pfizer viagra coupon and for can of this had recommend use manufacturer of cialis if with making looking I very a two women viagra times my product been sexy seller. My the but…

楽しい旅行を!

 

 

(外国人のお客様とのやりとりは、

 たくさんエピソードあるので、

 ちょっとずつ書いていきます。

 今日は前置き長くなってしまった。)

台湾の焼き包子 包包亭(パオパオテイ)

住所    〒460-0011
       愛知県名古屋市中区大須三丁目20番14号
       
アクセス  上前津駅8番出口から徒歩3分
TEL     052-242-3803
営業時間  平日 11:30~20:00
土日祝   11:00~20:00 ※売切れ次第終了
お休み   毎週水曜日

当店facebookページはこちら  http://on.fb.me/1AS1Pms
  • facebook
  • twitter